いろいろており

染織日記+あるふぁ 〜 染めて織って縫っての制作日記 と 日々のあれこれ小さな出来事日記。 ごゆるりとお付き合いをお願いいたします。

>> EDIT

春夏織物展2019・衣舞

春夏展のお知らせです。

2019いぶ

『斉藤 知子 織物展』
2019年 3月26日(火)〜30日(土)
午前11時〜午後6時

2019いぶ

衣舞(いぶ)
〒260-0045
千葉県千葉市中央区弁天2-23-1  弁天プラザ1階
電話 043-252-8010
https://plaza.rakuten.co.jp/tagasode/

ポーチ・バッグ・マフラー・ショール・帯
2019年新作を展示販売致します。

日光をたっぷりと浴びて発色した柿渋と藍を組み合わせ
帯を製作しました。お揃いのバッグもございます。
いろどりどりに染めた糸は、マフラー・ショールに織り上げて。
ポーチやバッグを仕立てました。

どうぞお手にとってご覧ください。

作者在店日/26日・30日

| お知らせ | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

衣舞・織物展 始まりです

衣舞・織物展始まりました。

今回は初めて帯を出品しております。
八寸名古屋帯は柿渋×藍を3点。
化学染料のカラフルなものを1点。
半幅帯は柿渋×藍で50cmほどの見本をご用意してあり、ご希望の幅と長さで織り上げる受注製作となります。

他、ポーチ・バッグ・マフラー・ショール。
ポーチとバッグは柿渋×藍・化学染料いろいろ。
ポーチは大・中・小サイズ。
バッグはA4ファイルが入るたっぷりサイズ。持ち手は木製・革・合皮とそれぞれ異なる雰囲気に仕立てました。
マフラー・ショールは綿や絹で春らしく軽やかに。

どうぞお手にとって、色柄や風合いを間近にご覧ください。

20190326

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

『斉藤 知子 織物展』
2019年 3月26日(火)〜30日(土)
午前11時〜午後6時

作者在店日/26日・30日

衣舞(いぶ)
〒260-0045
千葉県千葉市中央区弁天2-23-1  弁天プラザ1階
電話 043-252-8010
https://plaza.rakuten.co.jp/tagasode/
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

| 展示会日記 | 22:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

カラフルポーチとバッグ

柿渋×藍の帯やバッグを続けてご紹介してきましたが、化学染料で染めて織り上げたポーチ(大・中・小)、バッグも製作しました。
天然染料・化学染料。ぞれぞれの色を楽しんでいただければと思います。

20190323

上からペンケース・ポーチ。内側にコーティングシートを貼ってあります。
ひと回り大きめのポーチ。裏地付き・内ポケットひとつ有り。

20190323

麻紐巻き木製持ち手。茶・紫・ピンク・藤色まぜまぜ模様。底は紫無地。
裏地付き・内ポケット有り。底板入り。A4ファイルが入る大きさです。

20190323

合皮持ち手。茶・ピンク・赤・薄黄緑4色まぜまぜ模様。裏地付き。内ポケットあり。底板入り。
A4ファイルが入る大きさです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2019いぶ 2019いぶ


『斉藤 知子 織物展』
2019年 3月26日(火)〜30日(土)
午前11時〜午後6時

作者在店日/26日・30日

衣舞(いぶ)
〒260-0045
千葉県千葉市中央区弁天2-23-1  弁天プラザ1階
電話 043-252-8010
https://plaza.rakuten.co.jp/tagasode/
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

| 展示会日記 | 09:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

初・八寸帯

先月アップした柿渋×柿渋・鉄。柿渋×藍のバッグ生地と色違いで、八寸帯とバッグを作りました。

20190312

柿渋で染めた糸を鉄媒染液に浸すと、薄い茶色から黒っぽい色に変化します。焦げ茶?黒茶?...言い表しにくい色です。そこに柿渋(媒染なし)の薄茶色で模様を織り出しました。
以前織ったものと同じ織り方ですが、色が変わっただけで随分と違う雰囲気に仕上がります。

20190312

これらは今月26日からの衣舞・織物展にてご覧いただけます。帯は初出しということでドキドキがすごいんですが。いろいろご指南いただければと存じます。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

『斉藤 知子 織物展』
2019年 3月26日(火)〜30日(土)
午前11時〜午後6時

作者在店日/26日・30日

衣舞(いぶ)
〒260-0045
千葉県千葉市中央区弁天2-23-1  弁天プラザ1階
電話 043-252-8010
https://plaza.rakuten.co.jp/tagasode/

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

| 展示会日記 | 20:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

TEXTILE展2019 出品作

アートスペースカフェパパ・テキスタイル展2019は24日(日)にて一旦、展示終了となります。3月にもご覧いただけますが日時不定期となっておりますので、ご確認の上お出かけください。

今回は過去作から。

20190224

2007年製作のタペストリー『はつ・が』を出展しました。
草木で染めた綿・麻・絹に竹ひごや真綿、新聞紙を織り込んで三枚重ねにしたタペストリーです。

古い作品は見返すと恥ずかしいものですが...これはいろんな素材を織り込んだり、見せ方を考えたり。楽しんで作ったな〜と。良き記憶とともに好きな作品のひとつとして保管してあります。
今回久しぶりに取り出してみたら、それぞれに色が変化していて時間の経過を感じました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

『TEXTILE展 2019』
藍型染め・草木染め・結び・ポシャギ・フェルト・ホームスパン・スウェーデン織物など。布や糸、繊維を素材として製作している8名が、各々の手法で表現した作品を展示します。併せて製作方法や展示会、教室などの紹介もございます。

3月にご覧いただける日時です。
3月2日(土)11:00~17:00
3月8日(金)11:00〜17:00
3月5日(火)13:00~17:00

Art Space CaféPaPa
〒275-0012
千葉県習志野市本大久保2-10-29 コスタボダハウス1階
TEL 047-477-7568
http://cafepapa.info
。。。。。。。。。。。。。。。。。。

| グループ展記録 | 21:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

カフェパパ・TEXTILE展2019

グループ展のお知らせです。

☆Art Space CaféPaPa『TEXTILE展 2019』

テキスタイル2019 テキスタイル2019

藍型染め・草木染め・結び・ポシャギ・フェルト・ホームスパン・織物など。布や糸、繊維を素材として製作している8名が、各々の手法で表現した作品を1点ずつ展示します。併せて製作方法や展示会、教室などの紹介もございます。
年にいちどの展覧会。ご覧いただけますと幸いです。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。

『TEXTILE展 2019』

2019年2月20日(水)〜24日(日)
AM10:00〜PM5:00(最終日〜PM4:00)

※3月まで延長展示あり。日時不定。
 HP又はTELにてご確認ください。

Art Space CaféPaPa
〒275-0012
千葉県習志野市本大久保2-10-29 コスタボダハウス1階
TEL 047-477-7568

HP http://cafepapa.info

| お知らせ | 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

柿渋と藍のバッグ地

柿渋×藍。柿渋×柿渋の組み合わせでバッグ地を織りました。

平織の地織に、緯糸の浮織で模様を織り出します。
4枚綜絖への経糸の通し方と、6本踏み木の踏み順でいろいろな模様を織ることができます。今回は菱形模様に少し変化をつけたもの。複雑な織り目に見えますが模様が明快で確認しやすく、頭と手足が慣れてくるとトントンと調子よく進められます。

柿渋・無媒染の薄茶色を地に、藍(画像中央)と柿渋鉄媒染の濃いねずみ色(右)で柄入れ。左端は経糸が計算より余ったので...もったいなくて藍で30cmほど織ってみました。ポーチか何かになるかもしれません。

20190217

バッグはひと段落して、今週はポーチ地製作に入ります〜。

| 染織日記 | 17:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

柿渋と藍の格子模様

柿渋×藍の格子柄。
色と柄はすっきりと、柿渋の経糸・緯糸を浮き織りで交差させて表情をつけました。

20190208

浮き織り部分を見ていて『何かに似ている...』と、外に出れば先月から香りを放ちながら咲く蝋梅が。

20190208

あ〜これだ、ふっくらころりとした感じ。
無意識に季節の景色から色柄の手がかりを得ているのかもしれません。

| 染織日記 | 17:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

しわしわマフラー

このマフラー。チリチリシワシワした見た目から『どのように織ったんですか』とよく聞かれます。特殊な糸を使ったり、複雑な織り方をしているの?と。

20190119

いいえ。特別なことはありません。
綿糸とウール糸を格子模様に配して、平織に織った布です。織っている最中も、織りあがった後も布は平らな状態です。

20190119 20190119

仕上げとして中性洗剤を溶かしたぬるま湯でやさしく洗うのですが、このマフラーについては高温の湯と冷水で強く洗います。そうすると格子に配したウール糸がフェルト化してグゥッと縮みます。綿糸は縮まないでのウールに絞られて凹凸ができるのです。
セーターの洗濯なら大失敗!ですが、このマフラーでは縮んで大成功。

20190119 20190119

綿とウールの性質を利用して、織り方や仕上げなどを工夫すると面白い表現を得る事ができます。失敗も多いですが楽しい過程です。

| 染織日記 | 20:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

仕事始め

12月中に染めた糸。お正月中に糸巻きしました。

カセ状なら段ボール箱にムギュと詰め込むことができますが、巻いた状態になると潰すことができないので、とてもかさ張ります...。実は写っていないところにも柿渋糸がたくさん...山を築いています。

20180107

どんどん布に織り上げなくては。2019年初織りに取り掛かります〜。

| 染織日記 | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>