いろいろており

染織日記+あるふぁ 〜 染めて織って縫っての制作日記 と 日々のあれこれ小さな出来事日記。 ごゆるりとお付き合いをお願いいたします。

<< 2005-01- | ARCHIVE-SELECT | 2005-03- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

こんな感じに出来上がり

タペストリー織り上がりました。経糸を部分的に少なく配置。
緯糸が飛ぶので、垂らすと重みで曲線を描きました。
20050228162904s.jpg

2重に織られているのでひらりとめくれます。
20050228162927s.jpg

下の3分の2くらいが2重になっていて、上部は1枚につながっています。

織っている時は、どう出来上がるかわからなかったのですが、
想像していたより良い感じに織り上がってホッとした・・・。
織り途中で織り機にかかっている時と、織り上がって織り機から外した時は
ずいぶんと印象が変わるんですよ~~。
織ってる時は良く見えたのに、外してみると変だったり。その逆もありますけど。
経糸緯糸の組み合わせによっても、いろいろ変わります。
どう転ぶかわからない、手探り状態。緊張するけれど、楽しくもあります。

| いろいろており作品 | 16:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

どうなることやら

ムラ染めした糸を緯糸につかって、タペストリー製作中。袋織で織っています。
緯糸を1本つなげたまま織ると、裏と表がつながって織れるので、袋状になりますが
これは裏と表、別々に糸を入れているので、2枚に織れます。
平織でこの2枚を1枚につなげることもできます。
20050227162712s.jpg

4月の展示会にむけて製作中なのです。頑張らないとなあ。
でも、あせると変なものが出来ちゃって、2度手間かけたり、やり直したり・・・。
こつこつ作ることが良いんですよね、ほんとは。
けど、切羽詰まらないとやらないんだ・・・うう。

| 染織日記 | 18:36 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

イチゴ

きのうは千葉県成東市いちご街道でイチゴ狩りしてきました。
何年ぶりだろか。小学生のときに行った記憶が・・・。
やっぱスーパーで買うのと味が違う! 大きい! うまい!
pic_0032s.jpg

春一番で強風。でも良い天気でハウスの中は暑かった。
平日で人が少ないせいか『時間は気にしなくていいよ。出入りも自由に』とのこと。
汗をかきつつイチゴ食べ放題。ごちそうさまでしたvvv
そのあとは九十九里ハーブガーデンでケーキセットを食べました。
ハーブ園は冬なのでさみしかったですが、ケーキがうまかった!
手作りケーキで8種類あったかな? 飲み物もいろいろ。ハーブティーとか。
おいしいものをたくさん食べた1日でした。

| +あるふぁ日記 | 18:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ムラ染め

麻糸を染めました。タペストリーを織ろうと思ってます。
凹凸のある面白い糸です。いろんな色を使ってムラ染めにしてみました。
糸をねじったままの状態で染めたり、さらに部分的に染めたり。
割り箸をボウルの縁にわたして、全部染液に浸さないようにしたり。
20050220153119s.jpg

オレンジの上から、さらに赤や水色を重ねて染めたり、
みどりの上から、黄色を重ねてみたり、全部で6色?かな?
重なって染まった所は、微妙に色が変化して、6色以上のいろになりました。
20050220153137s.jpg

| 染織日記 | 17:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ものをつくるということ。

仕事で伝統工芸の染織品を織っていた頃。
完成度の高い仕事をする・・・追求し、極めること、技術を吸収することが
非常に魅力的で楽しかったです。
しかし、完成品にはブランド名がつき、自分の名がつくことはありません。
職人として腕を極めることより、自分で織りたいものを織ることを望んで
仕事を辞め、自宅で染織をはじめたのです。

が。大変です。難しいです。『個性』を極めるということは。

自分の作品は『なくてはならないもの』ではありません。
コースターなくても死にませんから。
でも、コースターがあることで生活空間に彩りを出すお手伝いができると思います。
けれどコースターは世の中にいっぱいあるのですよ。いろんなものが!
手作り品ですからどうしても既製品より割高になってしましなす。
それでも、自分の織ったコースターを選んでもらえたら・・・。
それはとてもありがたく、幸せなことです。
『このコースターだから欲しい!』と思ってもらえる『個性』がある作品をつくりたいです。
『個性』・・・難しいです。単に奇抜でもダメだと思うし、技術のみでもダメだと思う。
アウトとセーフ、ぎりぎりのところをすり抜けて、人に届く『個性』を手に入れたいです。
頑張ろ!!!!

| +あるふぁ日記 | 17:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

かせ繰り機

かせ繰り機。たたんだ状態。
20050215165815s.jpg

ひろげた状態。
20050215165826s.jpg

傘の骨みたいな感じかな。かせの円周にあわせて、調節できます。かるく回転します。
糸をかけたところ。
20050215165841s.jpg

ここから糸の最初の口をさがして、以前紹介した糸巻機につないで巻取ります。
子供の腕に毛糸の輪をはめて、お母さんがそこから糸を毛糸玉にするのと同じ作業。
腕がかせ繰り機。母が糸巻機。あると便利。
ある程度の太さがある糸ならば、この2つの道具で足りるのですが、
極細の糸は別の道具を使います。それはまた、おいおいご紹介いたします。
リンクにある手芸屋さんと毛糸屋さんで購入しました。2000円前後です。

| 道具 | 17:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

どうしようかな・・・

考え中ですよ・・・!
ネット販売ってどうなんですかね?
作ってもお客さまがいないことには話にならんってやつですわ!
細々と作ったもの達を、近いうちにこのブログで販売するかもです。
でも、勝手がいまいちわかんないんですよね~。
いろんなとこにお邪魔して研究いたします。

本日バレンタインですね。
どこもかしこもバレンタイン。ケーキ屋はチョコケーキ。パン屋はチョコパン。
惣菜屋はハート形コロッケ・・・どうかな!どうなのかなそれは!
あ。パン屋で『小倉アンパン』のとなりに『アン●ンマンチョコパン(・・・)』があった。
ややこしいよ! アンパン●ンなのに!

| +あるふぁ日記 | 18:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

カラフルコースター2

コースター織りはじめです。
縦縞と同じグラデーションで横縞を織りました。
織り方で変化をつけたので、縦と横縞の交差部分が浮き出る感じに見えます。
さらに光沢のある糸を使用したので、角度により色柄が変わって見えます。
モザイクみたいな感じかな?
20050211184700s.jpg

織った感じが張りがあって、しっかりしているので、反幅帯を織ってみるのも良いかも。

| 染織日記 | 15:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

カラフルコースター1

トートバッグとペンケースを織った糸の残りを使ってコースターを織ります。
パープル、ブルー、グリーン、イエロー、オレンジレッドの縦縞に
同じ順序で横縞を織ります。
20050211184729s.jpg

レーヨン糸なので光沢があってきれい。
お気に入りの糸なのです。どんな感じに織り上がるかなあ~~。

つづく。

| 染織日記 | 18:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ひなまつり

雛人形をだしました。
と、いっても本物の豪華なのではなく、手作りの雛人形です。
辻村ジュサブローさんの本を見ながら作りました。
難しいなあと思ったところは、自分なりに作りかえてしまいましたが、なんとか形になりました。
芯はハマグリなのです。ころころしたできあがり。顔がちとブサイクですがね・・・。
ジュサブローさんのお人形は、かわいらしく、美しく、妖しく、神々しく・・・
いろんな魅力があって、惹き付けられます。
20050209171752s.jpg

20050209171741s.jpg

| いろいろており作品 | 17:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

『バッテリー』あさのあつこ

あの快感、あの苦痛、あの充足、あの焦燥----------

畏怖も怯えも迷いも惑いも、のみくだせ----------

-----最高、最速の球を。


教育画劇『バッテリー1~6』
角川文庫『バッテリー1~3』 あさのあつこ/著

染織は小休憩で本の話。

『バッテリー』
これから読まれる方もいらっしゃるでしょうから、ネタばれな感想は書きません。ご安心を。
中学生の少年達の葛藤を、野球を通して表してあります。
ハードカバーの最終巻の発売と文庫化で、テレビなどで取り上げられるようになりましたね。
私は幸いなことに早くにこの本を知ることができ、
ハードカバーを発売日ごとに読むことができました。
そのことが大変幸せなことと思える内容の本です。
文庫版に『これは本当に児童書なのか!?』という帯がついていますが、
『バッテリー』に限らず、多くの感慨をあたえるものには、分類不可能な魅力があると思います。
児童書=子供の読む本、と手を出さずにいた方。もったいないですよ~。
もし、字の大きさ、振仮名が気になるのなら、文庫版をオススメいたしますが、
文庫版の3巻書き下ろし『樹下の少年』は、ハードカバー全巻読んだ後のほうが良いかな・・・
『樹下の少年』では視点をかえて『バッテリー』を感じられます。
最終巻読後に読んで、涙がじわりときましたよ。
今後の文庫版の書き下ろしも楽しみなところです。

| +あるふぁ日記 | 14:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

麻タペストリー完成???

え~完成したことは、したのですが・・・タペストリー。
う~どうなのかしら、このできばえは。
手間がかかったわりにおとなしい出来上がりになってしましました。あれ~~?
20050205085603s.jpg

今コースター織っているのですが、↑の反動でカラフルな仕上がりになってます。
できあがりしだい、ご紹介致しますね。

すてきサイト様リンク!
junedrop様の染織のblogです。
かわいらしい作品と丁寧な説明、情報がたくさんです。必見!
http://blog.drecom.jp/junedrop/

| いろいろており作品 | 17:16 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

直しました。

画像クリックで別窓表示される、画像サイズを大きくしました。
いままでサムネイルの使い方が良くわからなかったので、
別窓も小さい画像のままだったのです。
大きくすると重くなりますかね。
すんごい大きくしてはないので大丈夫かとおもうのですが・・・。どうでしょう。
これで、柄とか質感とか細かいとこが、少しでも伝われば良いな、と思います。

| +あるふぁ日記 | 10:58 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

織りにくい・・・

麻タペストリー。布を部分的に袋状に織るのに初挑戦。6枚綜絖も初挑戦。
20050205085551s.jpg

麻糸は伸びないので、たるみが出やすい。
ウールや綿は伸縮があるので、多少のたるみは糸を強く張ることでごまかせるんだけど・・・
糸は弛むし、綜絖枠は分かれにくいし、始めての織り方だしで時間がかかった・・・。
袋のとこに、ブルー透明のとPPシートを入れて織ってみることにしました。
20050205085537s.jpg

| 染織日記 | 17:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

杼(ひ)

緯糸は、糸巻機で小管に巻取った後、杼(ひ)にセットします。
中の竹ひご(上)に小管を通します(下)。
杼を経糸の開口部に通して織ります。
20050205085201s.jpg

最近の杼は竹ひごではなく、金属製の芯や、
バネがついていて、小管の脱着が簡単にできる芯などいろいろあります。
杼の大きさ、厚さ、種類はたくさんあります。
織物の糸の種類や織り方にあった、自分が使いやすい杼を使用します。

| 道具 | 17:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

電動式小管巻機

緯糸(よこいと)を小管(こくだ)に巻取る機械です。
小管は竹製、木製、プラスチック製などが売られていますが
自宅が田舎なので、近くの山から手頃な竹を切って使っています。
小管を巻機にセットして、コントローラーを手で調節しながら糸を巻取ります。
20050205085521s.jpg

↑はミシンのモーターとフットコントローラーを再利用して作ってもらいました。感謝。
機料店で購入できます。

リンク追加『稲垣機料店株式会社』(敬称略)
http://www.mediawars.ne.jp/~loom/

| 道具 | 17:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

綜絖と踏み木の連結

ノートの順序通り『綜絖』~『上招木』~『踏み木』を紐で結びます。
1番の綜絖は1番の上招木と、2番は2番・・・と、
順番どおりに綜絖枠の中心の穴と、上招木をつなぎます。
綜絖枠と上招木をつなぐ紐は各1本です。
次は、上招木と踏み木を結びます。
上招木と踏み木は、織り方により連結の仕方が違います。
間違いのないよう結びます。
20050205085615s.jpg

あ~これやると指先が痛くなります。あまり好きな作業ではない・・・。
新しい紐や、結び直した箇所は、織り始めのときに伸びたりゆるんだりするので
修正しながら織ります。

| 染織日記 | 18:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |