いろいろており

染織日記+あるふぁ 〜 染めて織って縫っての制作日記 と 日々のあれこれ小さな出来事日記。 ごゆるりとお付き合いをお願いいたします。

<< 2005-02- | ARCHIVE-SELECT | 2005-04- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

リンク追加

『陶房多羅』様のホームページへリンクさせて頂きました。
旦那さまが陶芸。奥さまが染色をなさっています。
4月下旬に展示会があり、お誘いを頂きまして
今日は案内のハガキにのせる写真を、撮りに来て下さいました。
ありがとうございます。
おみやげもありがとうごさいます!
P1000315s.jpg

素敵なグラスをいただきました。ビール飲むか!って感じで一枚。

| +あるふぁ日記 | 16:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

バッグ2

バッグ1とおなじ方法でつくったバッグ。第2弾。
今回はマチ部分にリボンを通してみました。
4辺にハトメを打って、両脇にそれぞれリボンを編み上げのように通しました。
20050323115256s.jpg

正面からはこんな。
20050323115237s.jpg

| いろいろており作品 | 14:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

バッグ1

半端に残った糸を寄せ集めて、縞柄のバッグをつくりました。
幅が6寸と3寸の布を織って、十字に重ねて縫い付けます。
重なった部分がバッグの底になります。
マチ部分と表部分の4辺を縫い合わせてほぼ完成。
今回は織り始めと終わりの房を、そのまま残して使用しました。
すべて直線で縫って出来ます。
出来上がり寸法で織るので、ミミの処理もしなくて良いし、
ミシンが苦手なわたしでも、なんとかなりました~。

持ち手は、新宿にある革の専門店さんで、特価品を以前買いまして。
それを縫って作りました。一針ずつ進めるならミシンでも縫えました。が。
押え金の痕がうっすらと残ってしまいました。
ん~でも、革の持ち手は手芸店でみると、なかなかのお値段ですしね・・・。

正面
20050323115313s.jpg

横(マチ部分)
20050323115333s.jpg

| いろいろており作品 | 16:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

細切れの糸たち

経糸は最後まで織ることが出来ません。
経糸を結び付けてある棒と織っている布の間には、筬つか、綜絖がありますから
ぎりぎりまで織っても、60センチ程の長さの糸が数十本~数百本と残ります。
捨てることもできず、どうしたのもかと・・・。
とりあえず山とある細切れの糸を全部つなぐことにしました・・・。
気 が 狂 い そ う だ よ !
こんな溜め込むんじゃなかったあ! うう~~。
一本一本を手でつないで糸巻機でまきとるまきとる。ひたすらに。
20050323115129s.jpg

どうにか綿と化繊の残り糸は、繋ぎ終えました。肩こった。
ウールの残り糸は後でつなご・・・。

| 染織日記 | 12:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

座繰り機(ざぐりき)

前に紹介した糸枠をこの『座繰り機』にセットして、糸を巻きます。
20050314130930s.jpg

芯を取り外し、糸枠をはめて、紐で固定します。と、こんな感じに↓。
20050314130945s.jpg

この座繰りは、工房で働いていた時に購入したものです。
全て木製で、つくれる方も少ないでしょう。大小の歯車がくるくると動く様はおもしろいです。
新品のときは、油をしみ込ませながら使います。キュウキュウ音がして、回転が重いです。
これを使い込んでいくと、カラカラと軽くなります。色も飴色になります。
私のはまだまだ。使い込みが足りませんので、白い・・・。

金属製、プラスチック製などいろいろあるようです。
機料店さんのホームページなどのぞいてみてくださいね。

| 道具 | 17:46 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

糸枠(いとわく)

今回ご紹介の道具は『糸枠』(手前)
経糸を糸枠に巻取ります。(奥2つ)巻取る道具はまた後日・・・。
20050314131115s.jpg

縦縞をデザインしたら、それに応じて糸枠に経糸を巻き、順番に並べて整経をします。

毛糸や綿の太い糸を使うときは、糸巻機で巻いて整経するのですが、
絹糸や綿でも細い糸は、糸巻機では崩れたり、
からまったりして危険なので糸枠に巻取ります。

糸枠も作るところがへってきているのかな・・・?新品は結構なお値段がします。
わたしは滝長さんにお願いしたところ、中古の糸枠で手持ちの道具で使えるサイズのを20コだったかな?手に入れることができました。感謝!



| 道具 | 17:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

小さいもの

小物入(左)とペンケース大小。
小物入は細工しすぎで、よくわからない出来です。
ペンケースはペンが2本入るのと、4~5本入る大きさのと。
折り曲げてたたんで、ミシンで直線にダダーッと縫っただけ。
20050314130908s.jpg

いろんな色と質感の糸を、ごちゃっとまぜて織るのが最近好きです。
当分こんな感じで、バッグとか作ってみようかなあ。と、考えてます。

| いろいろており作品 | 17:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

もひとつ

巾着をつくった時より、少し幅の狭い帯状の布で
こんどは小物入など製作中です。
20050310163510s.jpg

裁縫は小学生のころから苦手で、細かい縫い方なんてできません。
なので前回の巾着とか、この小物入は直線縫いだけで出来るので、
なんとか作りあげられそうです。
母は洋裁を生業としていてプロです。どうにもならないときはお願いします。
以前、縫った袋を『ゆがんでる。売り物にみえない』と
もう一度ばらして縫い直すということをされました・・・。
『一度縫ったとこを、ほどく作業が一番イライラして嫌いだ』と言うお人が・・・。
よほど我慢ならなかったらしい。
職人です・・・身近に良いお手本がおりました。
が。いつまでも頼るわけにはいかんので、直線縫いだけでできる
袋物を追求しているところです。

| 染織日記 | 13:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

リンクさせて頂きました。

『おりびと・ウィービングショップ』様。相互リンクさせて頂きました。
手織機、紡毛機、道具等の輸入販売をなさっているお店です。
以前からホームページを拝見させて頂いていたのですが、
今回相互リンクをさせていただきまして、嬉しい限りです。
ありがとうございます!

なかなかお目にかかれない道具が、たくさん! 画像と詳しい説明付きで紹介されています。
品数の豊富さにはうっとりです。見るだけでもたのしい・・・。
染織道具の他にもいろいろなカテゴリがあります。
情報満載の『おりびと・ウィービングショップ』様のホームページは必見ですよ!

| +あるふぁ日記 | 16:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

巾着

で、できた・・・。裂き織に雰囲気がにているかな・・・?
いろんな種類の糸をいれたので、ぼこぼこした風合いで織りあがって
おもしろかったけど、つくる時はそのぼこぼこが大変でした。
ミシンの針がガツ!って止まったり。
でも、なんとか出来上がりました。
20050310163446s.jpg

紐のつなぎ目はこの後なおします。
糸で括ってとめただけではあまりにひどい・・・な・・・。
端切れが少しでたので、かぶせてきれいにしよう。

| いろいろており作品 | 16:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

製作中です・・・。

↓の日記のは、織りあがっているのですが。
巾着のかたちになっているのですが。
紐を通す部分がどうもうまくいかずに、調整中です。
本屋で立ち読み(・・・)して、覚えた作り方なのですが、
サイズや素材が違うので、出来上がりが少しずつ違ってしまう・・・。
『ま、これでいいか』で済ますと後悔するし。
もすこしちょこちょこと手直しして、出来上がり次第! 画像つけます!

最近のお仕事曲。アジカンのアルバム。ソルファ。
今頃になってはまりましたよ・・・。
言葉と音の積み重ねが大好き。織ってる間、えんえんと流してます。
テンションあがります。

| 染織日記 | 18:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

積もれば2

半端に残った糸を組み合わせて、幅6センチほどの長さの布を織っています。
20050228162942s.jpg

経糸緯糸とも残り糸なので、糸の色、質感などさまざま。
ちょっとおもしろい感じに織りあがりつつあります。
この細長い帯状の布を使い、巾着を作ります。
できあがりましたら御紹介しますね。

以前参加させていただいた、手作り作品の展示即売会で御一緒した方々に
『きれいに出来過ぎていて、手織りに見えない』とご意見頂いたことがありました。
その時は、きれいにつくることの何処が悪いのかと、思いました。
今、様々な残り糸を組み合わせて織ってみたことで、手織りでつくることの意義?
というのかな・・・? なんとなく、うまく言い表せないんですが
触れることが出来たような気がします。
既製品に対抗する『きれい』にこだわりすぎてたのかな・・・
手作り、手織りにこだわるべきなのに!
毎日が勉強でございます。

| 染織日記 | 16:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

晴れました

行ってきました。勝浦ひなまつり。売ってきました。少しだけ。
20050305174447s.jpg

いつものことながら自分の宣伝がうまくできず、お客さまから叱咤激励頂き、泣きわらい~~。
でも、良い勉強。経験です。お店に売り込みをかけたり、
自分の作ったものを自分で売る機会は、毎回足りないところを気付かせてくれます。

自宅で染織を始めて1年と少したちますが、『手織りならでは』『自分ならでは』の
ものを作るということはどういうことか、もう少しで指先に触りそうな感じです。
なにかつかめそう。この感覚は忘れたらいけない。

私信。この機会を与えてくれたK川と、
私以上に売り込んでくれたK川のお母さんにありがとうごさいました。


これからもがんばります!

| +あるふぁ日記 | 18:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

あした晴れたら

あした売り子ができるかもしれません。
友達のお母さんがビーズ細工の販売をするかたわらで。
ただし、晴れたら。の話。

『かつうらビッグひな祭り』御存じの方も多いかと思います。
神社の階段にずら~~~っと雛人形が飾られているところがニュースでよく紹介されてますね。
そのお祭りの歩行者天国で品を置かせて頂けるのです。うう。ありがたい・・・!
しかし雨が降ると雛人形を飾れなく、売り子もできないのです。
天気予報では曇り晴。微妙・だ・なあ~この週末。
晴れてくれ~~。

| +あるふぁ日記 | 21:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

積もれば

山となる半端糸・・・(一部)。もっとある。まだある。
計算しているので必要以上に染めることはしないのですが、
どうしたって半端な残り糸が出るわけです。
織れば織るほど増えて・・・ゆく・・・よ。
20050302160119s.jpg

捨てるなんてとんでもない事なので、使い切ります。
なに創ろうかな~~。どうしよう。

| 染織日記 | 17:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

カラフルコースター完成

織り上がったけれど、そのまま放置していたコースター。
緯糸がほつれないように織り始めと終わりをミシンで縫って、
房をつくって、1枚ずつ切り離して、完成。
20050302160053s.jpg

はじめは緯糸を絡げて房をつくっていましたが、
緯糸が太いと、とめたところがゴロゴロしてうっとおしい。
なのでミシンで縫ってみたのです。
縫い目を細かく設定して、端から端まで1回縫えば出来上がり。
心配なときは、1往復縫うことも。
糸もきちんと、とめられるし、房もまっすぐ揃います。

| いろいろており作品 | 16:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |