いろいろており

染織日記+あるふぁ 〜 染めて織って縫っての制作日記 と 日々のあれこれ小さな出来事日記。 ごゆるりとお付き合いをお願いいたします。

<< 2005-04- | ARCHIVE-SELECT | 2005-06- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

八丈旅3日目

3日目。一番良い天気! 空も海も青い!
宿の御主人のすすめで三原山林道へ。車1台通る道をうねうねと登り下り。三原山の頂上へむかいます。途中鋪装がとぎれジャリ道に・・・不安になる。軽自動車に鞭打ち登り続けると、美しい景色がひらけました!
P1000526s.jpg

記念撮影してからまたうねうねと道を下って、下山。三原山を横断しました。
飛行機の時間まであと少し。土産屋さんによってから南原千畳敷でパッションソフトクリームとあしたばソフトクリームを食べる。レンタカーを返却後飛行場へ。晴天の八丈島とさようならです。

八丈島の3日間を晴天で過ごせたのは良かった! 天気わるいと景色も良く見えませんからね。友人達に水平線。山。水平線。山の観光でたいくつだ!とか言われたらどうしよう・・・と思ってましたが、楽しんでいただけたようで。また、来てみたいなあと言って貰えました。よかった。
また、会いに行くよ! ガバチョ。とらヒゲ。島ッ子達もいろいろありがと! 会えて楽しかったよ~。
20050514183606s.jpg

| 旅日記 | 16:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

八丈旅2日目

二日酔のわりに目覚めは良く、友人二人を部屋に残して5時過ぎには散歩へ。朝日が眩しい・・・。良い天気です。底土港の朝日できらきらの海を見て、観光ルートを考えました。戻って8時に朝食。観光へ。
八丈富士側にある南原千畳敷へ。海へ流れ出た溶岩が黒く広がっています。見える島は八丈小島。現在は無人島。ヤギが生息しています。
P1000522s.jpg

これは玉石垣の道。メロンくらいの大きさの石がきれいに積み重ねられています。波で削られて丸くなった石を、流人が海岸から運びつくったそうです。
P1000523s.jpg

昼ご飯は昨夜の酒が残っているせいもあり、軽く済ますことに。
スーパーによって買込んでから、神湊漁港へ。漁港のはずれの突き当たりで水平線を眺めながら昼ご飯。かもめもいます。
P1000524s.jpg

午後はお土産購入へ。土産屋さんをはしごして、宿に戻りました。
夕飯は宿で島の友人も交えて、酒は少なくおいしく頂きました。
その後店に移動。楽しく過ごしました。

| 旅日記 | 16:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

八丈旅1日目

5月13日から15日まで、友人2人と八丈島へ旅行してきました。
モブログを削除して新しいレポートを。

1日目。羽田から八丈島へ。
天候も心配していた程ではなく、無事到着。気温はあまり変わりません。
八丈島はひょうたんの形。くびれのとこに空港があります。
空港の北に八丈富士。南に三原山。
飛行場近くの店でレンタカーの手続。八丈に住んでいたことがあり、免許も島で取得したので、大体の道はわかります。

三原山側の中之郷へ。まずは勤めていた工房にごあいさつ。
その後、末吉の名古の展望へ。見下ろすと漁港が見えます。
P1000519s.jpg

登龍峠へ。龍がうねったような峠道。気を付けて運転。途中に龍がお出迎え。峠を越えた所には見送りの龍もいます。
P1000520s.jpg

登龍峠展望台へ。八丈富士とむこうに八丈小島がみえます。下に見えるのは島の東側の港。底土港。宿泊の宿はこの港近く。
P1000521s.jpg

宿へ向かって峠を下れば、三原山を一周したことになります。
宿にチェックイン。6時から予約してあった居酒屋へ。
島寿司は醤油につけたタネ。しゃりは甘め。わさびではなくからしをつかいます。
トビウオのすり身をさつまあげ。島焼酎のパッション割。
20050514052702s.jpg

友人1人が酒飲めないので運転手に仕立て上げ、酒飲みの友人と島酒をのみたおして、二日酔の2日目へつづく・・・。

| 旅日記 | 15:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |