いろいろており

染織日記+あるふぁ 〜 染めて織って縫っての制作日記 と 日々のあれこれ小さな出来事日記。 ごゆるりとお付き合いをお願いいたします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

残暑厳しく

舌とか上顎とか、親知らず奥の歯茎とかひりひりします。揚げ物とかファーストフードとか、味が濃く塩気の多いものが続くと荒れてくるのですよ~。お酒が加わると適面で荒れる。胃腸が弱ってきてる信号。気をつけよ~

土日は母の家庭菜園の日。天気がよければ畑仕事なのでミシン使い放題。ここぞとばかりに縫いました。まだ途中なので月曜日にでも完成したら画像上げます。

いつも悩むのですが、手作り品ってどこまで丈夫に作ればいいのか。


バッグの持ち手とか、小物入れのスナップボタン。負荷がかかる所は丈夫に作るようにしています。ミシン2度縫い、接着芯で補強したり。切り口はほつれ止めしたり。

手作り雑貨の本や、手芸屋さんに並んでいる手作りセットを見てみると、意外と大雑把な作りだったりして驚きます。『誰でも簡単に作れます』という売りだからかなあ?
でも、A4ファイルが入るくらいの大きさのバッグの持ち手が、1センチ幅の革紐で、縫いつけ部分は大きくザクザクっと止めてあるだけって・・・使う方としては不安になりませんか。デザインは素敵だと思うのですけど。
刺繍の裏糸、ロックミシンをかけたあとが丸見えなのも、どうなのかなあ?と・・・。

作り込みすぎて手作りの風合いがなくなるのもなんですが、雑な仕上がりになるのも悲しいところ。値段が付くことを考えると変なものは作れないが、使える材料は限られます。いろいろ限度があるのだけれど。
でも、『気に入った!』と手にしてくださるのです。できるだけ長く使えるような、あったかい手作り品を作っていきたいです。
ぼろぼろになっても手放しがたい存在になるような、そういったものが作れたらいいなあ。

そんなことを考えつつミシンを動かしていました。明日も縫い物しなくちゃ~。
10月の展示会あっというまに近付いて来るんだ~。

| +あるふぁ日記 | 17:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://tokotoko.blog2.fc2.com/tb.php/139-c5bb9d4b

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>