いろいろており

染織日記+あるふぁ 〜 染めて織って縫っての制作日記 と 日々のあれこれ小さな出来事日記。 ごゆるりとお付き合いをお願いいたします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

織りと染め

今日は携帯ケースの製作と、山桜での糸染め作業をしました。

まずは携帯ケースから。


12a携帯ケース2色
左の青色は、ご注文頂いた携帯ケース。生成りの麻糸を地に、浮き織で青の模様を織り出します。右はレース織。赤の麻糸を緯糸に使いました。ここまでは前日に終了した作業。
12bメガネケース(中)
ここから本日の作業。水色のレース織はメガネケースになります。レース織部分から見える裏地のフェルトをポイントに。皮を切り出しステッチをかけて、マジックテープを縫い付けて、携帯ケースの蓋をつくります。あとは紐や金具を用意して縫製開始です。

そして山桜の樹皮での糸染め。
12c山桜の枝
なめこを育てるのには桜の木が良いそうで、両親が切り出した山桜。幹はなめこを植え付けるのに使うので、枝を貰いました。
12d細かくしてから煮出します
山桜の樹皮はつやつやぴかぴかして美しい。どんな色に染まるのか楽しみに思いながら、細い枝は細かく切って、太めの枝は樹皮だけ剥きます。それを沸騰した湯の中に入れて、30分ほど煎じて染液をつくります。
12eこします
30分たったら、火から下ろしてざるでこして枝と樹皮を取り除きます。もう一度、布でこして細かい樹皮を取り除きます。私は布ではなく、三角コーナーや排水口に使う不織布を利用してます。細かいものがとれて、液はサッと通るので便利。
12f染色開始
染液に水を加えて、糸を投入。糸をあやつりながら、染液の温度を上げていきます。沸騰したら弱火で30分ほど煮染め。その後、火を止めてそのまま冷まします。

今日はここまで。思ったより色が薄かったので、冷ましつつ一晩染液につけてみることにしました。なので媒染は明日。
染めの合間に縫製した携帯・メガネケースは完成しましたが、明日染め上がった糸とあわせてアップします。

続く~


| 染織日記 | 22:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://tokotoko.blog2.fc2.com/tb.php/217-2c62b36c

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>