いろいろており

染織日記+あるふぁ 〜 染めて織って縫っての制作日記 と 日々のあれこれ小さな出来事日記。 ごゆるりとお付き合いをお願いいたします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

肩凝った・・・

昨日(13日)からの続き。
麻の羽織れるショールの綜絖通しから今日の作業は始まりです。

久しぶりに経糸の本数が多い・・・。椅子に座って地味~に、間違えないように、集中して経糸を一本ずつ綜絖に通します。


060314a総本数700本。幅一尺8寸(鯨尺)=約68センチ
綜絖の次は筬通し。経糸の密度を変えて地模様をつくるので、丸羽と片羽に通します。
『丸羽』とは筬の一羽に2本の糸を通すこと。
『片羽』とは筬の一羽に1本の糸を通すこと。
060314bこのようになります
丸羽・片羽だけでなく、場合によっては3本通したり4本通したりします。注釈として、ここでの方法・道具の名称は、私が染織に触れてきたなかで覚えたものです。同じ道具や方法でも名称が異なることがあります。

筬通しが終了したら、経糸を張って織り始めます。丸羽・片羽の違いはこのようにあらわれます。
060314c織り始め
丸羽部分は密度が高いので目がつまって織れます。くらべて片羽部分はやや粗目。密度の違いで縞ができました。さあこれからはひたすら織るばかりです・・・

| 染織日記 | 21:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://tokotoko.blog2.fc2.com/tb.php/232-e6b604b4

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>