いろいろており

染織日記+あるふぁ 〜 染めて織って縫っての制作日記 と 日々のあれこれ小さな出来事日記。 ごゆるりとお付き合いをお願いいたします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

二重の麻マフラー

袋織の応用でニ枚重ねのマフラーを織ります。
夏用のマフラーなので、素材は麻。薄く仕上げます。

『袋織』ポンチョを織るときなどに、何回か使用した織り方です。今回は袋にせず、2枚の布を同時に織り上げていきます。説明下手ですが、よろしければおつき合いくださいませ。

まずは図解から


使用している高機は、4枚綜絖、今回は4本の踏み木を使って織ります。
そうこう2綜絖・写真→そうこう綜絖・図
私は奥から1.2.3.4と番号をつけています。横線が綜絖枠、○が通し穴。

次は踏み木です。
ふみき2踏み木・写真→せつぞく踏み木・図
右から1.2.3.4と番号をつけます。横線が綜絖、縦線が踏み木を表し、交差した部分の×印は綜絖と踏み木の接続を表しています。
この場合1番の践み木は1.2.3番の綜絖と繋がっています。2番の践み木は1.3.4番の綜絖。3番の践み木は1番の綜絖。4番の践み木は3番の綜絖ということ。
そして踏み木を踏む順番は1→3→2→4の繰り返しです。
ふみき踏み順・図

これらをまとめて図にするとこうなります。
ふくろ
今回のマフラーは、経糸に緑と水色の2色の糸を使います。この図のように水色・緑を1本交互に綜絖通しをします。踏み木も図のように接続し順序通りにおると、上に緑の布、下に水色の布が織れます。

060320a1番の踏み木→060320b3番の踏み木→
060320a2番の踏み木→060320b4番の踏み木
このように経糸が別れます。1.3番(上)と2.4番(下)でシャトルを使い分け、1.3番は緑の緯糸。2.4番は水色の緯糸で織ります。そうすると上に緑の布、下に水色の布が同時に織り上がります。
060320c

シャトルを使い分けずに、1本の糸で上下を繋げて織ると、両耳が繋がり袋織(筒状)になります。
今回は袋にせず、2重に織りました。1.8メートルほど織ります。中央で平織をいれて2枚を1枚に織り、再び2重に織ります。出来上がりは×状になります。
進行状況は中央手前。明日・・・はむずかしいな。明後日にでも完成画象をアップしたいです。

え~・・・わかりにくい説明ですみませっ・・・!(逃)

| 染織日記 | 19:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

わ~

お勉強になります!!
何も考えなくてよい裂き織りとちがい頭を使いますね!
いつか挑戦してみたいのですが・・・

| kei | 2006/03/22 23:26 | URL |

今回は

画像をペタペタ貼って説明してみましたがどうでしょうか。

な、何も考えない?!
keiさんの作品ってひとつとして同じものがなく、色柄幅広く個性的。
いつもうっとり拝見してますよ!

| トコ | 2006/03/23 17:49 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://tokotoko.blog2.fc2.com/tb.php/235-f3163c74

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>