いろいろており

染織日記+あるふぁ 〜 染めて織って縫っての制作日記 と 日々のあれこれ小さな出来事日記。 ごゆるりとお付き合いをお願いいたします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ウメノキゴケで染める

ウメノキゴケを4/6に仕込んでから一ヶ月過ぎたので染めて見ることにしました。


ウメノキゴケにアンモニア水を加えて発酵させて、待つこと一ヶ月・・・ブルーベリージャムのような姿に。濃い紫色の染液ができました。
随分と濃く出来たので、絹糸90gには100cc、220gには250ccの量で染めました。染め始めは落ち着いた紫色で『おお、きれいだな~』と暢気に感動していたのですが・・・染液の温度が上がり、染料が糸に定着し始めると、ものすごい色に!
060511bまぶしい赤紫色
どうしよう・・・!
こんなハデハデしい色で大判のショールはどうなの・・・?
色を落ち着かせたいので、媒染は鉄ですることに。予想ではこんな感じの紫に変化するはず! しかし現実は・・・
060511a赤紫のまま・・・
少し渋くなったけど赤味の強い紫でした。う~ん。まあこれはこれで良いか。と干して乾燥させたところ、現在は紫が落ち着いて来て赤味が減ってきました。
乾燥するまで染め上がりの色は判らないものだなあ~。

織るとまた色合いが変わって見えるから不思議。最終的にはどんな仕上がりになるのか・・・。織るのが楽しみです。

| 草木染 | 23:12 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

トコさん、こんばんは。
すごいあざやかな色に染まりましたね~。ウメノキゴケってこんな色あいになるんですね。草木染めでこんな色って滅多ないかも!びっくりです。織り上がりを楽しみにしてます。

| maru | 2006/05/13 22:52 | URL | >> EDIT

maruさん、こんばんは。
草木染の色に見えないですよね~。
ウメノキゴケ自体は白っぽい緑なのに、発酵させるとどんどん紫に。
草木染は本当に不思議です。
紫で大判のショールを織ろうと思います。

| トコ | 2006/05/14 21:33 | URL | >> EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/08/01 00:17 | |

>このコメントは管理人のみ閲覧できます

大変遅くなりましてすみません。
2010/8/8にメールにてお返事させていただきました。
迷惑メールに振り分けられていることもありますので、ご確認お願い致します。

| トコ | 2010/08/08 21:05 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://tokotoko.blog2.fc2.com/tb.php/261-99ecf622

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>