いろいろており

染織日記+あるふぁ 〜 染めて織って縫っての制作日記 と 日々のあれこれ小さな出来事日記。 ごゆるりとお付き合いをお願いいたします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

多羅窯展・夏

『多羅窯展・夏』
に行ってきました。
多羅さんのホームページ『ロクロのつぶやき』で紹介されていた、黒米染のストールが展示されており、実物を拝見できました。


古代米の黒米の糠で染められたそうで、深く落ち着いた紫色。とても素敵。この後いらしていたお客さまがお買い上げされました。おおお~良かった~実物見られて! 詳しくは多羅さんのホームページ『ロクロのつぶやき』をご覧ください→HP

こちらは多羅窯作品。
0701a本体0701b
本体をひっくりかえして、足とくみあわせると・・・
0701cなにかわかるかな?
答えは花器です。花を生けてみました。
0701d立葵(たちあおい)と花蓮(はなはす)の葉
形や模様、まるっとした触り心地が面白い。花を生けてない時は、一番上の画像のようにして飾れます。『宝珠』というめでたい形だそうですよ。

これ選ぶ際に中に水が残っているのに気が付かず、くるっとひっくり返してしまいまして。藍染めのハンカチの上に水をぶちまけるという失態をやらかしました・・・。ビニール包装してあったとはいえ作品に水かけるとは~。なんてことを! ほんとすみませんでした・・・。
そんなしょっぱい思い出とともに、現在我が家の廊下を彩ってくれています。

多羅窯展は明日(7/2)が最終日です。お急ぎを!

| 展示会日記 | 17:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

すてきな・・

おもしろい作品ですね。2通り使い道があるなんて。足のラインもいいなあ。
ずっと逆さまでもいいくらい(笑)
長南とありますが、お近くですか?
私は藍染めのバッグに目が。 行ってたら買っていたかも。

| NICCA | 2006/07/05 07:43 | URL |

>NICCAさん
同型花器他にも数個あったのですが、うっすら見える縞模様と煙りのように入った色に心引かれてこれに決めました。何個か揃えて並べてみても面白いかも。

多羅さんは、ユートピア笠森の近くに工房をかまえてらして、展示会もそこでなさっています。年に数回展示会があって、毎回違う作品に出会えるのでたのしいですよ。機会がありましたらぜひ。

| トコ | 2006/07/05 20:40 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://tokotoko.blog2.fc2.com/tb.php/290-4c036fd1

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>