いろいろており

染織日記+あるふぁ 〜 染めて織って縫っての制作日記 と 日々のあれこれ小さな出来事日記。 ごゆるりとお付き合いをお願いいたします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

壁掛け花挿し

朝から太陽ギラギラ~あっちい~~!
昨日はゆっくりゴロゴロしてしまったので、今日は動くぞ。と、『ログハウスべあ』さんに納品に行ってまいりました。カードホルダー・携帯ケース・メガネケースなど小物類を置かせて頂きました。
べあさんの喫茶メニューに夏のデザートが登場! ご店主手作りのゼリーです。詳しくはHPをご覧ください→

展示会前に紹介しきれなかった作品をアップします。二重織による壁掛け花挿し2点です。


まずは赤バージョンから
060804a 060804b

こちらは青バージョン
060804c 060804d

奥のベージュ部分と、手前中央の色付き部分は緯糸を使い分けて織られています。
ベージュ部分の中央は経糸がなく、緯糸が弧を描いています。その上に色付きの布が重なっています。この二枚の布は、上部で平織により結合され1枚の布となっています。
赤・青の共布でループをつくり、縫い付け、そこに試験管のようなガラスを通して花器とします。ループだけでは安定も悪く、面白味にもかけるので、色付き布の両端を合わせて縫製し、ガラスを包むようにしました。

この画像で使っている百合とひまわりは造花です。展示会では、ルバーブさんで生花を活けてくださり、また違う雰囲気となっております。

花挿しを見たお客様が『上は一枚なのに、なんでここから二枚になっているの? どうやって織ったの?』と不思議がってくれると『やった!』という気持ちになります。
二重織りなんて手間暇のかかる織り方をしなくても、平織でバ~ッと織ったものを二枚重ねて縫製して出来上がり~! ということも出来るのです。
でも、それじゃあ味気ない。つまらない。
手織りで出来る限りのことをして、『なぜ?どうやって織ったの?』と興味を持って頂けるようなものを作りたい。そうして出来た作品です。 

| いろいろており作品 | 22:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

昨日はオッチチの中、おいで頂きありがとうございました。
あの後、斉藤さんの作品をしみじみと眺めて「あ-、やっぱ、いいわア・・・」と手触りを楽しみました。
暑い日が続きそうです。
くれぐれもお身体大切に!
働きすぎに注意しましょう。
そんなことないっかっ?

| あべちゃん | 2006/08/05 07:06 | URL |

>あべさん
こちらこそ、お世話になっております。
いつもアドバイスを戴き、大助かりでございます。

体調崩すと織れなくなるので、身体壊すほど働きませんよ。わはは! 楽しく生活できるよう、適度に働いてます。
ありがとうございました!

| トコ | 2006/08/05 17:22 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://tokotoko.blog2.fc2.com/tb.php/307-de08cd0d

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>