いろいろており

染織日記+あるふぁ 〜 染めて織って縫っての制作日記 と 日々のあれこれ小さな出来事日記。 ごゆるりとお付き合いをお願いいたします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

かじってきました

あしたの国まちづくりの会長南事務所バザーは終了いたしました。お運びいただきありがとうございました。

さて、シュタイナー教育に関する知識ゼロの頭でバザーに参加してまいりました。


雰囲気はフリーマーケットのようで皆さん和気あいあいとしておりました。幼稚園バザーだけに小さいお子さんとママさんがたくさんです。
外ではテントが組み立てられ、手作りのパンやクッキーやケーキ、タコスや肉まん、手作りクラフトのお店が並びました。展示や委託でお世話になっている『雑貨&カフェ ルバーブ』さんもカレーとチャイで参加されていました。
シュタイナー6屋外
室内の一部屋では手作り雑貨とパンの販売。羊毛ボール作り、パステル画の体験教室が行われました。私はこちらでご一緒させていただきました。
シュタイナー5 シュタイナー4室内
もう一室ではシュタイナー学校を紹介する展示がされていました・・・お勉強開始です。
シュタイナー学校に関する広告が何枚か置かれていましたが、拝見するも内容はあしたの国ホームページとほぼ同じ。
そこで保育園の募集要項で保育内容を見てみた・・・水彩画・みつろう粘土・オイリュトミー・クレヨン画・ごっこ遊び・ライゲン・メルヘン(人形劇・素話)・森の散歩など。
次に小学校の授業内容を見てみる・・・エポック授業と専科授業があり、エポックは国語・算数・フォルメン線描。専科は運動遊び・水彩・音楽・手の仕事・英語・ドイツ語・オイリュトミー。
・・・聞き慣れないカタカナはなんぞや? 検索サイトで調べてみるとたくさん情報が出てくる。ので、申し訳ありませんが調べてみてください・・・。はっきり説明しきれないので。読めばわかるのですが伝えきれない。
さらに壁面に展示されていたシュタイナー12年カリキュラムを拝見。こちらはシュタイナー学校の先生の絵とともに紹介されていましたが、絵の方は撮影禁止とのことで文字のみ許可をいただき撮影させてもらいました。
シュタイナー1 シュタイナー2 シュタイナー3

聞き慣れない、使い慣れない言葉が多用されているので違和感を感じるが、じっくり読めば自分も学校で習ったようなことが書いてある。ということは公立学校と同じ勉強内容に加えて自然に触れる学習もするということ? とシュタイナーのボランティアの方にたずねてみました。すると、国語や算数を学ぶことには違いないが、学び方が違うとのこと。どう違うかというのはこちらの新聞記事からよく判りますのでどうぞご覧ください→読売新聞 千葉版 2006/10/17。あとこちらも参考までに→asahi.com シュタイナー教育小学校開校 08年度に千葉県で

あと気になったのがシュタイナーに対する関心の違い。
朝からバザー会場を眺めていると、お客さまはすごく多いのに町内の人は来ていないことに気がついた。近所の人さえきてないのでは・・・? 無料配布や農産物販売なら早朝からどしどし来るのになあ・・・清々しい程の関心のなさ・・・。
一方、ご来場の方々。県内はもちろん、遠くは横須賀から(!)とか群馬から(!!)とかいらしているのだ・・・。東京湾超えてくるのか。すごい・・・。
この違いはなんなのか。シュタイナー教育に関係している方のひとりが『この町に小さい頃から住んでいればシュタイナーの必要を感じないのかもしれない』とおっしゃったそうで。う~ん、確かに。
学校で勉強して(出来る出来ないは置いといて)それ以外は山や田畑を駆け回る(今の子はどうか置いといて)。それが普通にできる環境に住んでいるとシュタイナーに興味は持ちにくいかも・・・。シュタイナーに興味を持つ方に、市街地の人が多いのはそのせいもあるのかなあ。

今回バザーに参加して、シュタイナーにちょっと触れることができました。特徴的ではあるけれどマイナーな教育ではないのかも。『学ぶ』ことには違いない。ひとつの方法かなと思いました。

| +あるふぁ日記 | 00:16 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ふーむ。

シュタイナー、ぱっと読むだけじゃむつかしいね。
でも、勉強になったね。

| サワコ | 2006/11/27 20:38 | URL |

>サワコさん
そうね~。
原文の外国語を辞書でひいたように日本語にした感じで、パッと見はわかりにくいね。
ま、勉強になりました。シュタイナー教育に携わっている人に聞くのが一番手っ取り早くわかりやすかったです。

| トコ | 2006/11/27 21:02 | URL | >> EDIT

シュタイナ-レポ-ト、ありがとうごじま-す。
行けなかったので興味深く読みました。
よくわからん・・・ということも含めて、納得です。
わたしはこの日本に!シュタイナ-の学校が出来るだけでも驚きです。
新しいことはいつも道が険しい!ですね。
今後に注目したいです。

| あべちゃん | 2006/11/29 07:51 | URL |

>あべさん
乱雑なレポートで申し訳ないッス。
少しでも伝わったのなら良かったです。

気候文化習慣が異なる国の教育なので、最初はとまどいますね。
もう少し日本人に分かりやすい説明があればなあ~・・・とつらつら思う周りでちびっ子達は大はしゃぎ。
大人達の熱心さとは関係なく、遊びの天才達は元気いっぱいでした。

| トコ | 2006/11/29 21:17 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://tokotoko.blog2.fc2.com/tb.php/366-5c28c5e0

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>