いろいろており

染織日記+あるふぁ 〜 染めて織って縫っての制作日記 と 日々のあれこれ小さな出来事日記。 ごゆるりとお付き合いをお願いいたします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

紅花染め・黄色を染める。

昨年の6月に作った紅花餅。紅花染めは冬のほうがきれいに染まるということで、ビンに入れて夏の間は保存していました。


0622g紅花餅
しかし今年は暖冬。もう少し寒くなってからが良いか、と先送りにしていたら年が明けて2月。いいかげん染めないと春が来てしまう! 紅花染めの準備に取りかかりました。

絹糸。紅花餅。わらの灰汁。米酢。クエン酸を用意。
紅花餅を不織布にいれて水に入れます(画像左)。数時間置きに水を変えて、餅を解しながら一昼夜。黄色の色素が水に溶け出し、紅花の赤味が増します。黄色の色素の水は捨てずにとっておきます(画像右)。これで黄色を染めたいと思います。
070220a黄色取り出し中・・・
紅色の染めはまた後日にご紹介します。今日は黄染めです。
紅色素は熱に弱いので加熱することはしませんが、黄色素は加熱して染めます。手順はいつもの草木染めと同じ。ぬるま湯から温度を上げ、煮染め30分、室温まで冷まし、焼ミョウバンで媒染、水洗い。再び液につけてから、水洗い、脱水。
070220b

黄色の液は、ヨードチンキのようなピカッとした濃い黄色だったので、蛍光色みたいな黄色になるかと思いきや。染め上がりは、ヒヨコの産毛のような柔らかい黄色でした。

今晩、紅花に灰汁を加えて紅色を取り出します。明日には紅色を染めるつもりです。きれいに染まるかな~? 続きは明日に!

| 草木染 | 17:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://tokotoko.blog2.fc2.com/tb.php/402-797edd35

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>