いろいろており

染織日記+あるふぁ 〜 染めて織って縫っての制作日記 と 日々のあれこれ小さな出来事日記。 ごゆるりとお付き合いをお願いいたします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

柿渋染め

最近、柿渋染めで作りたい物が頭の中でふよふよ漂っています。しかし、柿渋染めの作品は見るばかりで作ったことがない・・・。実際、染めて織ってみないことには考えがまとまらないので、早速、柿渋液を注文。晴天の日に染めてみました。



『高温にしなくても染まるのと、日光に当てるほど発色するっつーのが良いねえ~♪』と、柿渋液の入った容器のフタを開けて、ポリバケツにタパタパ~っと注ぐ。濁りのない茶色の柿渋液。思っていたよりきれいな色だなあ~と思いつつさらに注ぐ。と。

・・・・・・・・・臭っ!!!

バケツから悪臭。柿渋液の匂いです。臭いとは知っていたけど、実際に嗅いだのは初めて・・・ほ、ほんとうにくさい・・・。銀杏の果肉の匂いに似ています。そんな想像以上の匂いにまみれつつ、麻糸と和紙の糸を一綛ずつ染めました。
070301aやはり糸も匂う・・・
陽の下で干すと、赤味のベージュ色がだんだんと濃くなってきたような気がします。乾いてきたら匂いも薄れてきたような気がします・・・。ここまで匂うと思わなかったわ~~。次からは無臭柿渋液を使うことにしよう! 

070201b青空に花
晴天の日は気持ちいい! 樹木のつぼみもほころびます。↑画像はコブシです。1月、つぼみの状態のコブシをネコヤナギと勘違いしました・・・良く見れば違うんだけど、つぼみが纏ったふかふかの毛がネコヤナギに似てると思ったんです・・・。現在は花が咲き始めて間違えようもない。淡いピンクの花が開き始めました。

| 草木染 | 17:06 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

渋柿は、家のペンキとして使う物と思ってました。
織物かア。素敵な色じゃないですか。
やっぱ匂いが強烈なんですね。
そのスカ-フしてたら、銀杏の果肉の匂いがしてきた・・・というのは、やはり・・・????
でも、やはり出来上がり見てみたい。

| あべちゃん | 2007/03/01 18:48 | URL |

くさそー、くさそー。

なんかとっても臭ってきそうだったよw

色はやっぱりカキのいろに似てるんだねー。ナニを作るんだろう?

| サワコ | 2007/03/01 21:39 | URL |

柿渋はがんがん日に干すと色がこくなる。はず。
たのしみだねぇ。

| れいな | 2007/03/01 21:50 | URL |

ん~、まんだむ!。
ぼかぁ~、好きだなぁ、色合い、風合い、匂い。京都のトミヤマ5年ものは、上等なワインを彷彿とさせる色、香りですよ。うちの家は建具、梁、壁に40ℓ以上使ったとです。
 煤竹ありがと!

| 山坊主 | 2007/03/02 02:13 | URL |

お返事です!

>あべさん
形に出来たら持っていきます。
それまでに銀杏の匂いは消えるかな~~?

柿渋はいろいろなものに使われているようです。
防腐防水作用があり、木工品や建築木材、魚取の網や釣り糸、団扇や傘、染色の型紙などに昔から使用されていたそうです。清酒作りにも使われているみたい。意外と身近にあるものなのかもしれませんね。

>サワコさん
くさいッス。午前中に染めたら一日中匂ってるようで、その晩は早々に風呂に入りました。

この糸で手始めにコースターでも織ってみるかな。

>れいなちゃん
濃くなるよね?
今のところ、はっきりとした変化が見られないので、ちょっと不安だった。晴天が続くようだし、これからが楽しみです。

>山坊主さん
柿渋染めを始めたのは、山坊主さんのお宅を拝見したのがきっかけなのです。良いネタをくださった山坊主さまありがとう! なむなむ。煤竹も磨いて使わせてもらいます。

そうそう! 柿渋にも年数があって驚いた!
3年ものとか5年ものとか、ほんとワインみたい。

| トコ | 2007/03/02 08:24 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://tokotoko.blog2.fc2.com/tb.php/407-433ef85e

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>