いろいろており

染織日記+あるふぁ 〜 染めて織って縫っての制作日記 と 日々のあれこれ小さな出来事日記。 ごゆるりとお付き合いをお願いいたします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

2007年・桜で染める(3)

3/3に作った桜の染液がまだ残っているので、ウールを染めてみることにしました。


2種類のウールを用意して、ひとつは焼きミョウバンで先媒染。もうひとつは椿灰汁で後媒染をしました。
070308a左/焼きミョウバン・右/椿灰汁
焼きミョウバンで媒染してから、ムラに染めたウールは赤茶色に。灰汁媒染の方は絹糸を染めたときと同じような色合いに染まりました。
070308b並べてみました
焼きミョウバン媒染のムラ染めは橙~赤茶色で予想していたより赤っぽい色。ムラにしないで濃く染めてみてもきれいそう。灰汁媒染は少し紫を含んだようなピンクベージュです。3/6の画像より、今日の画像の方が実際の色に近いかな。乾かして空気にさらしておくと、色が変わって来ることがあります。目に見えて変わるわけではないですが、色合が少し変わったり濃くなったように感じることがあります。草木の生命が移ったようで不思議なことです。

今回ウールを灰汁で媒染していますが、今回に限らず何度か灰汁で媒染しています。『ウールはアルカリに弱い=灰汁媒染は良くない』と知って、今さらながら不安になったり。しかし3年前に染めて灰汁で媒染したウールは何の問題もなく使えます。でも、なんとなく不安なので調べてみると、灰汁媒染にはアルミの灰汁とアルカリの灰汁があるらしい。

・・・長くなるのでここで一区切り。続きは後日に。

| 草木染 | 17:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

絹糸も桜色にみえますよ!
ピンクじゃなくて桜色。私は好きです。
ウールと絹だと微妙に違いますね。
ムラ染めの具合も絶妙でいいです!!
私も灰汁媒染はウールだめなの?と思っていたのですが、平気そうですかね?

| おはこ | 2007/03/08 19:08 | URL | >> EDIT

>おはこさん
桜色に見えます? 染料や媒染が同じでも、素材や風合いによって色の定着が異なるようです。撚があまい、ふわふわ糸の方が少し濃いめに染まりました。
ウールのアルカリ媒染・・・過去に染めたものには問題ないですけどねえ・・・。う~ん。

| トコ | 2007/03/09 07:47 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://tokotoko.blog2.fc2.com/tb.php/410-56e7606f

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>