いろいろており

染織日記+あるふぁ 〜 染めて織って縫っての制作日記 と 日々のあれこれ小さな出来事日記。 ごゆるりとお付き合いをお願いいたします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

紫陽花

最近、ようやく梅雨らしい天気になってきて、アジサイも色濃くなってきました。


070628紫陽花
今年は青いアジサイがきれいです。色が深くて見事。

ウィキペディアでアジサイを検索してみたら、アジサイの名の由来のひとつに
>「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」が訛ったものと言われる
とあった。へえ~。

染めを繰り返すことにより色を濃くする藍染めの色を、淡い順から下記のように呼び、繊細な色の違いを判別していた感性。アジサイの言い表せない色の集合を『藍色が集まった』という表現。昔の人はすごいなあ~~と驚くばかりです。

瓶覗(かめのぞき)
水浅葱(みずあさぎ)
浅葱(あさぎ)
浅縹(あさはなだ)
花色(はないろ)・千草色(ちくさいろ)
縹(はなだ)
紺(こん)

| +あるふぁ日記 | 18:53 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

以前、仕事でカラーチャートを使ってたりしたので、和名の色辞典も小さいのだけど持ってましたが。。
こんなにあるとは知りませんでした。
「かめのぞき」なんて、すごいネーミング!でも昔の人はほんとに自然と一体だったのかな^って思います。
私がやってる「紋切り」も名前がほんとにすばらしい。いつも作りながら形に感動、名前に感心。
さて、私達現代の者はどこまでこのすばらしい感覚を残せるでしょうか。。。

| NICCA | 2007/06/28 23:25 | URL |

藍染って、いいね。

10年前まで藍染の同好会に入って少し染めていました。
カメのぞきしか言葉を知りませんでした。
なかなか染まりが悪くって、そのモヤモヤから柿渋染め専門になってしまいました。
でも最近藍染がしたくって、柿渋と藍を組み合わせた染め方もしています。
やっぱり藍染めもいいですね。

| fubijin | 2007/06/29 09:18 | URL |

お返事です!

>NICCAさん
色名の響きも良いんですよね~。
日本語が美しい。自然に触れていても、言葉を知らなくては言い表せない。
色の濃淡に番号つけて判別する、とか。そんな自分の感覚が寂しいです・・・!

>fubijinさん
重ねていくことで、色に深みが増すところは藍と柿渋、似てるかな? どちらも幅広く色が染めることができて驚きます。
藍と柿渋を組み合わせた染め方か~。
どんな色合いになるのでしょう・・・。
いつか私も挑戦してみたいです。



| トコ | 2007/06/29 22:18 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://tokotoko.blog2.fc2.com/tb.php/458-6dcb2872

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>