いろいろており

染織日記+あるふぁ 〜 染めて織って縫っての制作日記 と 日々のあれこれ小さな出来事日記。 ごゆるりとお付き合いをお願いいたします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

寄せ集めて

染めた糸を収納する3段の引き出しがあります。その一番下の引き出しにはこんな糸がギュウギュウに詰まっています。


070716bもっさり
長さは約60~80cmほどの短い糸が束になって結ばれています。
070716a赤○に注目
↑画像は織り機を横から写したところ。左側が織った布を巻取るところ・筬・綜絖・右側が経糸の終わりを結び付けてある棒となっています。赤○で囲ってある部分。この部分の経糸が最初の画像のような短い糸の束となって残ります。織り機の構造上、どうしても残ってしまう経糸の最後です。
この残り糸が、織り機に経糸をかけた回数だけ出ます。毎回必ず出ます。そうするとあっという間に溜まって収納引き出しが一杯に・・・。大切な糸なので、短くても捨てることは出来ません。部分的な模様を織り出すのに使ったりして再生します。

今日はその糸を模様ではなく全体に使って、メガネケースになる布を織りました。
070716c継ぎ足し継ぎ足し
短い経糸を2~6本束ねて1本の太めの糸とします。複数束ねる糸は異なる色を束ねることにより、織ると複雑な色柄が現れます。60~80cmの糸なので、数センチしか織れません。継ぎ足しながら織り上げていきます。画像のピョコピョコと飛び出している糸は、その継ぎ目部分です。
070716d織り上がり~
紫・赤・青・緑・橙系でメガネケース5個分織りました。これで残り糸を減らすことが出来た! と、思うのですが。これを織り上げた時にも、やはり経糸の残りがでるのですよ・・・。そんなわけで残り糸の束は減ったんだか増えたんだか、わかんねえや! あいかわらず引き出しはギュウギュウです。

| 染織日記 | 17:39 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

すごい地道な作業ですよね。でも、もったいないし、貴重ですもの。。
エコにもつながる~し?
私もキャンドルは再生に次ぐ再生ってときがあります。残ったものはモチロン使えるけど、失敗作も再び溶かせば
違うものになるし。。。というわけで、我が家も資材部屋はすごい有様です。笑  でも、ことに工夫に工夫を重ねて出来たものがさらに出来栄えがイイと自分でもやった~!!って満足感ありますよね。(←私はなかなかないんですけど。笑)

| NICCA | 2007/07/17 08:18 | URL |

わかるわかる!!
捨てるところ無しだよね~!
私なんかは全く違う素材や色をめちゃくちゃにつないで怪しいものを作っていますよ!!
赤・青・緑・黄色なんかを定期的に入れていくとなぜか綺麗に見えてしまうから不思議・・
こういうことは裂き織りのほうがやりやすいよね!!

| kei | 2007/07/17 12:36 | URL | >> EDIT

お返事です!

>NICCAさん
材料は捨ててさっぱり!なんてできないし。整理整頓が大変ですよね~。モリモリ溜まっていきます・・・。
ありもので作った品の出来が良いことあるある! 限られた材料で悩みながら作ったぶん達成感を感じます。

>keiさん
そうですね~裂き織りだと布の模様も加わるから、いろいろ入れると味があって、楽しくていいですよね!
たとえ数十センチの糸でも、それを捨ててしまったら織ることが出来ない作品もある、と思うとむやみにゴミ箱にポイできません。ほんと捨てるところ無し!です。




| トコ | 2007/07/17 22:59 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://tokotoko.blog2.fc2.com/tb.php/465-b134ffb2

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>