いろいろており

染織日記+あるふぁ 〜 染めて織って縫っての制作日記 と 日々のあれこれ小さな出来事日記。 ごゆるりとお付き合いをお願いいたします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

第13回『真綿のヴィジュアル・アート』応募作

朝日アートギャラリー財団法人 日本真綿協会主催『第13回 真綿のヴィジュアル・アート』公募展が開かれました。



平面・立体・染め織り・ウエア等、応募作品には必ず真綿を使用すること。というのがこの公募展への応募規定。

『おもしろそう!』と応募することを決めて制作にかかったのですが、真綿の染め紡ぎ初挑戦…無謀だったかー?! それでもウンウン悩みながらタペストリーを制作し、応募しました。結果、上記の公募展の展示作品に選んでいただき、やった~! 苦心して制作したのが報われた感じです。よし! 次は入賞を目指すぞ! と、後学のために今日公募展を見に行ってきました。

ギャラリーの最寄駅は有楽町駅ですが、天気が良かったので東京駅からホテホテと歩いて行きました。東京国際フォーラムの広場ではフリーマーケットが行なわれ、有楽町駅前まで行けばイトシア前の広場は人がたくさんで賑やか。日曜日だからな~人すごいな~と思いつつ、ギャラリー近くへと…ん?…なんだこの行列は…。
『年末ジャンボ宝くじ! 最後尾はこちらで~す! 1時間30分待ちとなっておりま~す!』
ええ~~~一時間半て! 宝くじがよくあたるよっていう銀座の1番窓口からのびる行列でした。テレビでは見たことあるが、初日だけじゃないんですね~コレ。毎日こんなに並ぶのだろうか…。熱気放出する行列横、ビルとビルの間の道を入るとギャラリーがありました。予想してたよりこじんまりとしたギャラリーでしたが、大きな窓から陽が差し込みとても明るい。

作品を一通り見て『もっと柔軟になろう』と思いました。
入賞作品を拝見すると、とてもおおらか。なんとも自由な雰囲気で、見ていて楽しい気持ちになる。私は『真綿』や『アート』ということを意識し過ぎてしまったんだなあ。今日の感覚を忘れずに、今度は表現できたらいい。次回がんばろう。

で、これが展示作品に選んでいただいたタペストリー。
071209a題名『はつ・が』
種子が水分と栄養を得て『発芽』する…の発芽のつもりでつけました。しかし辞書をみたら『発蛾』蚕が蛾となり繭から出ること…と隣にあるのを発見。縁を感じて両方の意味を込めて『はつ・が』と平仮名でつけました。

| いろいろており作品 | 17:30 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

この作品、見たかったので画像ありがとうございます。近くで見ると更に素晴らしいのでしょうね~
今年は公募もして・・どんどん進化していきますね!

| おはこ | 2007/12/10 16:53 | URL | >> EDIT

>おはこさん
自分なりに頑張って制作しましたが、入賞した方々の作品を拝見したら『もっとこうしたら、こうすれば』と悔いるところもあり…。公募は自分を見直す良い機会になりました。
来年もがんばりますよ!

| トコ | 2007/12/10 21:07 | URL | >> EDIT

きれいですねえ~公募もいいですよね^^
タイトルの意味がいいなあ。。
NAJAさん先週いきましたよ~小物買って来ました^^

| NICCA | 2007/12/11 18:42 | URL |

>NICCAさん
あら~ありがとうございます!
NAJAさんは出展しておきながら時間が作れず、伺えないまま最終日を迎えてしまいました…トホホ。
他の作家さんの作品を見たかったなあ~。

| トコ | 2007/12/11 22:35 | URL | >> EDIT

拡大して見て、ため息が出ました。
やっぱ、斉藤さん違うわっ!と確信しました。
充分の柔軟性に飛んでいると思います。
英断つうか個性的つうか・・・芸術ですね-。
実物もみて見たくなりました。

| あべちゃん | 2007/12/19 14:10 | URL |

>あべさん
ありがとうございます!
自分では変なこだわりを捨てて制作したつもりでしたが、受賞者の方々の作品を見たらもう…! はみ出し方が凄くて、わあ~~って感じで。まだまだだ、と実感したのでした。
実物…来年の展示会のときに隅っこにこっそり吊るしましょうか…。

| トコ | 2007/12/19 21:25 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://tokotoko.blog2.fc2.com/tb.php/522-de0b23a4

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>