いろいろており

染織日記+あるふぁ 〜 染めて織って縫っての制作日記 と 日々のあれこれ小さな出来事日記。 ごゆるりとお付き合いをお願いいたします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

織ってみないと…

次回、展示会に向けて柿渋染め中心の作品作りをしています。



柿渋液の濃度調節や、重ね染めの回数で白茶から濃茶まで。それに鉄の媒染でねずみから黒まで。柿渋ひとつで結構幅広い色が得られます。

今織っているのは、鉄媒染した濃いグレーと藍染め木綿糸を組み合わせた綾の拡大模様。
080909
あら、ちょっとピンボケだ…見にくくてすみません。
濃いグレーを経糸緯糸で基調とし、藍の緯糸浮き織りで菱形の模様を織り出しています。外ポケットつきのバッグになる予定です。画像の菱形模様部分が外ポケットの生地になります。本体は濃いグレーの無地。持ち手、裏地は…まだまだ考え中。まずは織り上げないと。

このバッグ生地を織る前。まだカセ状の柿渋染めの濃いグレーの糸に、藍染め木綿糸を並べてみたところ、どうもしっくりしない感じでした。なので模様の緯糸は藍染め木綿糸ではなく、柿渋染めの薄いグレーで織ろうと変更しました。
が、織り機に糸をかけて実際に織ってみると、薄いグレーは何だかぼんやり…で締まりがない感じ。あら~?
では、最初に戻って藍染めで織ってみるか…あら、あらら。良い感じ。と、結局最初の案に戻って落ち着きました。

何度も紙の上で図案を考えても、だくさん糸を並べて考えても、織ってみなけりゃわからないし、はじまらない。
考えなしもダメだけど考え過ぎもダメなようで。バランスとって、うまいこと着地出来ると嬉しく楽しいものです。

| 染織日記 | 19:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

何年もやってるベテランさんでもそういう事ってあるのね?イメージどおりに織るのはやっぱり難しい事なのかね?でも逆にそれが面白かったりするんだね。

| キリ | 2008/09/10 13:39 | URL | >> EDIT

>キリーさん
計算どおりにいっても出来上がりいまいちだったり。
逆に予想外にいい結果が得られたり。
>>逆にそれが面白かったりする
そう。そうゆうことです。おもしろいよ~ん。

| トコ | 2008/09/10 19:22 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://tokotoko.blog2.fc2.com/tb.php/619-22d5d162

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>